様々なシーンで活躍しているリレーの便利性

種類がいくつかある

リレーの種類とその応用製品

リレーにはさまざまな種類があります。機械式のものから半導体を使用したソリッドステートリレー呼ばれるものなどがあります。また大きさでは指先にのるような小型のものから両手でかかえるような特殊な大型のものなどがあります。その利用例としては家電製品や業務用電気機器、自動車、飛行機、おもちゃなど多岐にわたっているのです。そのようなリレー応用機器を直接あるいは間接的に人は利用しているのです。建物の中の放送設備の放送切り替えにもリレーは使用されています。その中には非常用放送設備もあるのです。自動車では右折や左折時の点滅などにも利用されているのです。人は間接的にリレーを利用しており、結果として応用製品から安全安心サービスなどをうけているということになるといえます。

さまざまな応用製品と部品としてのその価格

リレーの応用製品にはさまざまなものがあり、その具体的使用のされかたもさまざまです。微弱な電気信号を入り切りするものから直流5ボルト電圧を入り切りするもの、交流100ボルトを入り切りするもの、数千ボルトを入り切りするものなどさまざまです。切り替える速度もさまざまということになります。また寿命もさまざまです。それぞれの使われる状態に応じて使用されるリレーは決められるといえます。リレーの価格はその使用される状態を満足する仕様に応じて価格がきまってくるのです。単に微弱な電気信号切り替えに使用されるものは価格は比較的安価といえます。このような中には100円程度のものもあるといえます。非常用放送設備に使用されている音声信号切り替えのものは数百円から千円程度のものがあるといえます。当然、高電圧を扱うものや長寿命といったものはその価格は高価なものとなります。人は望む望まないに関わらずリレー応用機器から安全安心などを含むさまざまなサービスをうけているということになります。これら応用機器は人の社会にとって必要なものとなっているといえます。