様々なシーンで活躍しているリレーの便利性

周波数を検知する

レンタルサービスやリースを利用する

 スペクトラムアナライザは、主に周波数特性を観測するために用いる計測機器です。  機器の種類は、音響機器を測定のターゲットにした場合と、通信機器を測定のターゲットにした場合で求められるスペックは大きく異なってきます。  一般に音響機器においては、可聴周波数帯域を中心にした電気信号の音響信号特性を測定するのに用います。最近ではハイレゾリューションの品質をうたったオーディオ機器も登場していますが、概ね数百キロヘルツ程度の電気信号を測定することができれば音響信号の周波数特性を観察するには十分です。  ところが、通信機器や、音響機器の電気回路に混在している雑音の解決等にスペクトラムアナライザを用いるには、所望の周波数帯域を観測できるサンプリングを行う事ができるスペクトラムアナライザが必要になります。  計測機器は高性能になると当然ながら価格は高額になるため、ある程度の測定はパソコンを計測機器代わりにして簡易測定を済ませておき、短期リースによって測定機器を借用して測定を行うことができれば低価格でも本格的な測定を行う事ができるようになります。

経験のある技術者が中心になって作業を行う

 スペクトラムアナライザでは、電気信号に含まれている信号特性を測定するための計測機器です。  そのため、計測するにはある程度の計測に関する知識や技能、また経験が必要になります。  一般に、電気信号を測定する場合、被測定回路はもちろんですが、その回路を動作させる電源、またそれらを測定するために利用する計測機器の電源等については、同一電源でしかも安定したものを利用するのが定石です。  これは、電源が不安定な状態にあると、それが影響して計測信号に微小ノイズが混入したり、回路全体が不安定な動作をしたりしてしまいます。  特にスペクトラムアナライザを用いた場合、本来は観測されるべきでない周波数特性の信号が混在してしまう事があります。  デジタル信号処理技術の発展や、電子回路技術の進歩によって、スペクトラムアナライザの性能は飛躍的に向上してきています。そのため、計測方法を誤ってしまうと、本来の特性ではない計測結果になってしまいます。  そのため、計測作業については、ある程度計測作業の経験のあるエンジニアが中心になって測定を行う事が大切です。